メニューへ
■blog■
  [新規登録]
                   

 [前頁]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  180  181  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  192  193  194  195  196  197  198  199  200  [次頁] 
編集 複製 掲載年月日 公開フラグ タイトル 画像01 内容01 画像02 内容02 画像03 内容03 画像04 内容04 画像05 内容05 掲載カテゴリー(Dialy) 掲載カテゴリー(Lesson) 掲載カテゴリー(Event) 主掲載カテゴリー
      2011/02/17  [●]公開する  白銀の舞 

 

  小さな花を付けたカランコエ プミラが入荷しました。
以前は、もう少し大きなサイズの物を置いていましたが
 今回は、机や棚にも飾りやすいサイズの物を選んでみました。
薄いピンクの花も可愛いのは、もちろんですが
 リーフの形や大きさ
   そして、シルバー色の色合いも綺麗です。
和名では、『白銀の舞』と見た目そのままの
                名前が付けられています。
 

 

 

  オリエンタル模様のベースにセットしてみました。
カランコエは、水も控えめぐらいが良い植物なので
穴無しの器でも大丈夫なので置き場所も色々
 冬場は、室内の明るいところで育ててあげて下さい。
五月ぐらいからは、外で大丈夫ですが
 夏場の直射は、要注意ですね葉色が変わる事もあるので!

一雨ごとに気温も暖かく成ってくれるように願いながら
 自分の体調管理も確りしないとと思う今日この頃です。


                    店長より
  

 
            [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/02/16  [●]公開する  カンガルーの日光浴 

 

  「カンガルー」と言っても、植物なんですが・・
   通称です。
   カンガルーの手の形に葉っぱの形が似ているから・・・
    かわいいーーーーーーー。ys

こうして、固まっておくと、
  何やら、ほんとにカンガルーの団体様が日光浴しているようにも
   見えなくもない?

 

 

   ここんところ、暖かかったり寒かったり?   いや、冷たかったりで。
   人間も体調整えにくいですよね。
 
だから、グリーンたちも、ちょっぴり元気なさそう・・・(泣
   
 

 

 

  冬のアトリエは、
     午前中のこの場所が、一番光が入ってきて、気持ちいい場所になるんです。

  「集合ーーーーーーー!」ってな具合で
   集めて、日光浴。
  まだまだ、窓を開けられないから、せめて光だけでも。

 

 

   何とも、気持ちよさそうに見えませんか?
   みなさんのお家でも、ぜひ、
   「日光浴」させてあげてみて。ys

  室内用の観葉グリーンたちは、本来直射日光が苦手です。
   このくらいの明るい窓辺で、うたた寝させてあげてください。
   もう少し、温度が上がってきたら、窓も少しだけOPENに・・・
  下を向いていた植物たちの顔が、少しずつ上がってくるのが
   うれしくて、ついこちらまで笑顔になってしまいます!  ys
   
「ありがとう」プランツパワー

 
    [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/02/15  [●]公開する  生命のシンボル『赤の植木鉢』 

 

   昨日のバレンタインに『赤の植木鉢』を更新しようと思っていたのに・・・ys
   冷たすぎる一日に、自宅に帰るなり、睡眠。ZZZZZZ
  
 ごめんなさい こんなダメオーナーです。
    
  しかし、昨日はあの寒い中にもかかわらず、たくさんの方が
   ご来店くださいました。(ほっ
   「ありがとうございました」心から、感謝いたしております。
   そして、一人のアトリエに「おにぎりと数分の留守番」を
    かって出てきてくれた M様。
   本当にありがとうございますです。(礼
  
 一日遅れですが。お約束の『赤い植木鉢』お届けします・・・

 

 

  スタイルは、先日お届けした『緑の植木鉢』とほぼ同じなんですが・・・
  色が違うと、こんなにも印象が違うんですの・・・
 
 人が集まるリビングなどに置くと、明るさやリズム感が・・・
   暖かい印象の赤。そこに住まわれる方の
   朗らかな性格や、おしゃれを楽しむ遊び心の持ち主を想像させますね。(笑

 

 

  「赤」から連想されるものは、
  「火]や「太陽」や「血」・・・
    
  何だか、全てが「生命」に関連している気がします。
メンタルな表現だと、
  「情熱」や「愛情」「高揚」「喜び」なんかも・・・
  形容詞として色の前に使われそうですね。

大昔・・・・・・古代?から、「赤」色は、喜びの席や大切な祭りに
   必ず使われていた色だそうです。
  

 ほんと、じっと観ていると「生命」を感じます。
   「緑の植物たちと互いに命を高めあっているよう」
  
 大切な相棒といった色でしょうか・・ys
 色遊び。いいかも・・(笑

 

 

   そして、私の庭作りにも欠かせない「セオリー」
  
     『万緑草中紅一点』
  緑豊かな中にあって、ただ一つの「紅」
 『万緑草中紅一点』は、私自身の姿でもあります。
「緑」があるからこそ生かされている「紅」
そして、
「紅」があるからこそ、生かされる「緑」
互いを生かしあうことで、成立する一つの景色・・・

 景色は、「庭」であり、「人生」でもある。なんてね・・・(照
 
こんなんで、いいでしょうか・・・(笑
   緑に恋する紅でしたッys

 

 
    [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/02/13  [●]公開する  『緑の植木鉢』・・・ 

 

  入荷しました・・・『緑の植木鉢』
    素敵なグリーンです。
      深みのある存在感・・・(惚  ys

   

 

 

舐めまわすように・・・いろいろな角度から
   写真に収めて・・・
     何を植えようか?考えています。(笑   

 

 

  私の大好きな画家のひとり「ルノアール」様の作品にも
   同じタイトルの『緑の植木鉢』というのがあります。
     机の上に置かれた、緑の植木鉢の隣に少女が一人。
   という構図で、
  20代のころ、手に入れたシルクコピーのその絵は、今も私の部屋にあります。

  
  小さなころ、大阪より松山へ引っ越してきた当時、
    道後温泉の近くだったせいなのか、自宅には風呂がなくて、
    いつも近くの温泉に通っていました。
    その時の脱衣場に、大きな「ルノアール」様の絵がかけられていて・・・
   その絵のタイトルは『本を読む少女』だったと思うのですが・・はっきりとしませんが。(謝
   
ただ、
   今も覚えているのは、初めてその絵の前に立った時、
   なぜだか、涙が止まらなくて・・
   裸で立ちつくし・・・(恥
   泣いていました。静かに・・・・

何号くらいのサイズだったのかは、子供なのでわかりませんが。
大きかったことは覚えています。
  
きっと、衝撃的だったんですね。
  とまあ、感受性の強い子で。
   なぜなのかはわからず、只只。涙がこぼれて仕方なくなることがよくありました。
   

 

 

   思えばそのころからでしょうか。
   「ルノアール」様のファン?になり、
   20歳の頃、日本に初めて「ルノアール」様の絵が展覧会に来たという話をきき、
   
    奈良の美術館まで、思い立ったら飛んでました。
  と言っても、当時は船ですけどね。(笑

 

 

   いつもの白い植木鉢とは、一味違う
   そうですね、カラーリーフなんかもいいかな?
   お部屋の中にこの『緑の植木鉢』を一つ
   連れて帰ろう。   ys
    
明日は、『赤い植木鉢』をお届けします・・・

 
[●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/02/11  [●]公開する  昔の人は・・・ 

 

 数日前までの、気温が嘘のように
またまた、寒い日々が戻って来ました。(泣)
  「椿さんころは、寒くなる」と子供のころ祖父から
聞いていましたが、昔の人の言う事は、よく当たる!!
 今日の、朝なんか私の住んでいる所は雪が五cmぐらい積もっていましたよ。最悪です。
 
話かわりますが昨日、家族で『椿祭』に行ってきました。
 御参りは、普通にしたのですが子供と嫁さんは、オミクジを
するみたいで私は、一人待ちぼうけです。
 嫁さんは、『吉』でした。
 子供達は、『吉』『小吉』
    「パパは、しないの?」
                「しないよ」
 私は、今年はオミクジはしないことに理由は、
       ただ私が小心者なだけなんですけどね(笑)
そんなことより、早く暖かくなって欲しい
  寒いの嫌いなのも有りますが植物達の植え替えを早くしたい

種類をタネ類と読むほど植物に洗脳されている私(笑)
 四季があるから、沢山の植物が楽しめるのも
理解しているのですが、やはり寒いのは嫌いな私
   「春は、まだかぁ〜」
          とひたすら思う毎日です。


   
                   店長より

 
                [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
 [前頁]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  180  181  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  192  193  194  195  196  197  198  199  200  [次頁] 

  [新規登録]