メニューへ
■blog■
  [新規登録]
                   

 [前頁]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  180  181  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  192  193  194  195  196  197  198  199  200  [次頁] 
編集 複製 掲載年月日 公開フラグ タイトル 画像01 内容01 画像02 内容02 画像03 内容03 画像04 内容04 画像05 内容05 掲載カテゴリー(Dialy) 掲載カテゴリー(Lesson) 掲載カテゴリー(Event) 主掲載カテゴリー
      2011/08/07  [●]公開する  涼の小庭 

 

  ウッドデッキの一画を切り取り・・・

 

 

  ”水”を循環させました・・・
   水の音をブログでお聞かせできないのが残念です。

 

 

  こちらは、大きな「苔玉」を水盤に生けて・・
  アシンメトリーの調和をはかっています・・
  この奥が、お風呂場なのでこちらも中から緑を愛でることができます。

 

 

   デッキの素材も、板材と竹材の組み合わせをして、
  まるで「ムシロ」を敷き詰めたように・・
向こうに見える竹垣も、
  「大津垣」と呼ばれる竹の組み方を。
  濃い色の竹でも、どこか涼しげで上品な竹垣です。
  見る角度によって、見通しが良かったり
    目隠しになったりと。
   好きな竹垣の種類なんです・・・ys
   もちろん、風通しも抜群です!

 

 

   近年?
   座布団から、椅子の生活になり
  布団からペットへ・・・
   家の90%は板張りかフローリング形式になりましたが・・・・
   なぜか、どんなに生活が洋風化しても
  無くならない「畳」の部屋。
   日本の文化ですよね・・・ys

そんな、畳の上に寝転んで水の音を聞きながら、
見ていたい・・そんな庭に仕上げてみました・・・ys
   住宅展示場なので、どなたも観に行くことができます。
 是非一度、畳の上に寝転んで見てください!ys(笑

 
[●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/05  [●]公開する  自然素材には勝てない・・・ 

 

  素敵なアプローチへのいざない。

近頃、よく見かけるようになった 通称「スリットフェンス」

 

 

  アルミ製品の爆発的普及。 
    大量生産の果て・・・
  
このお家では、天然の木製柱をたてこみ、スリッフェンスを。
 確かに、アルミ製品だと長持ち・・・いや半永久的な耐久年数を得られます。
  ですが、
 
この緑の木々たちと相まって眼に映る色。
   柔らかさ。
    やさしさ。
        ぬくもり。(照
  
写真では、ちゃんと感じてもらえないのが残念ですが。違うんです。

 

 

 
「自然には勝てない」ってそう実感します。
ちょっとくらい、手がかかっても、
   いいじゃないですか?
 
毎年、自分たちの手でメンテナンスをする庭。
   愛せる庭?なんてね・・・

  もちろん、私はプロだから。
   みなさんにお渡しするまでしっかり計画して、ずっとずっと手伝いながら見守ります。
 だから、みなさんも
    自分たちできることを残した庭に愛を・・・感じてみませんか?(笑  ys
  

 
        [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/04  [●]公開する  眼の修行 

 

  いきなりの、『露地門〜ろじもん』って・・・
   
  アトリエをお休みさせて頂いた間に、
   ちょっくら、京都まで。
   バスに揺られて、眠るだけ眠り(どんだけ疲れてるの?)
  
宮内庁管轄庭園の最後の視察に『仙洞御所』
     行ってまいりました。ys
 
素敵な職人技の『露地門』です・・・(感動
   2段に重ねられた、かやぶきの屋根!
  細い竹を巻きつけた飾りの屋根抑え!
   
うーーーーん。創りたい。(願 ys
こんな素敵な門を創ることができたら・・・(夢

 そう、京都に来るといつもそうなんです。
  伝統の技を生かした新しいデザイン。
  
創作意欲をかきたてられるーーーーーーーー
  
茶室の屋根もこれと同じつくりが・・・

 

 

  こちらは、地上排水用の排水溝入口
    

      「渋い」

 

 

  今度は、「上り藤」と「下がり藤」を美しく見せる藤棚。

 

 

   この「丸い石」11万1千個あるそうです・・・
   この庭を創る時、お米一升と交換されたほど、粒ぞろいの丸さ・・

 

 

  只の「四ツ目垣」と思いきや・・・
 小枝を生かした、おしゃれな。いや 粋な垣根。
  
青竹の頃も観てみたかった・・・

という具合で、私の「眼の修行」京都旅は終わりました・・・ys
 40000歩 歩いた 歩いた ・・・これも修行?

よーーーーーーーし、庭創るぞおーーーーーー
    END ys

 
[●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/02  [●]公開する  ちっちゃな ロックガーデン 

 

   六年間?何にも植えていなかった場所へ
   植栽しちゃいました・・・・・

  「紺屋の白袴」って言葉 知ってます?ys
  仕事人は、なぜかこの症状が多くて・・
  このお家の方も、例にもれず

   自分のことは後回し・・・だったのでしょう。(予

 

 

  植栽している間、お家の子供ちゃんが
   じっと観察していました・・・(照

そして、ついには植物図鑑的な本まで持ち出してきて、
  「ロックガーデン?」って質問です!
  「正解」っ回答しながら、
 
  うれしかったです。ys心から・・・
まだ
  小学校の低学年くらいでしょうか・・・。
   私たちのしている仕事に興味を持って、
  目を輝かせていてくれたのです。(喜

 

 

 これなんです・・
   お客様の笑顔が私たちを
   「紺屋の白袴」にさせる理由なんです。
   
  「仕事優先」なんて損得勘定抜きで、
   この笑顔が見たくて、つい。
  幸せ者です・・・・私。(泣

好きなことを仕事にして、ありがとうの気持ちをもらえて、
  笑顔 TO 笑顔・・・

 

 

 

 

 

 今回のテーマは
「ちっちゃな ロックガーデン」でした・・・

植栽は、このお家の繁栄を願って
   『地湧金蓮 チョウキンレン』
         と
   『極楽鳥花 ストレリチア』をメインに。
ロックは、九州の溶岩石です。
  あっ、この石のことも、子供たちに当てられちゃいました・・・
   あなたたち、見込みあるねッ
  将来が楽しみです・・・ys

 
[●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/01  [●]公開する  8月のお知らせ 

 

   引き続き・・・・・  

   7月25日(月) 〜  8月4日(木)まで、
          お休みさせて頂いてまーーーーす。

     8月5日(金)〜は通常営業しています。
     お店で
     皆様のご来店をお待ちしています!
     

      アトリエのお休み  毎週木曜日
     
     8月 1日(月)〜8月 4日(木)
                11日(木)
                18日(木)
                25日(木)             
            
 今年のお盆は、まだお休みが決まっていません(謝
 決まり次第お知らせいたします・・・。ということで、     
     

 
                [−]Dialy  [−]Lesson  [●]Event  Info 
 [前頁]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  180  181  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  192  193  194  195  196  197  198  199  200  [次頁] 

  [新規登録]