メニューへ
■blog■
  [新規登録]
                   

 [前頁]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  180  181  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  192  193  194  195  196  197  198  199  200  [次頁] 
編集 複製 掲載年月日 公開フラグ タイトル 画像01 内容01 画像02 内容02 画像03 内容03 画像04 内容04 画像05 内容05 掲載カテゴリー(Dialy) 掲載カテゴリー(Lesson) 掲載カテゴリー(Event) 主掲載カテゴリー
      2011/08/18  [●]公開する  大切な人 

 

  地位も名誉も・・そして美貌も兼ね備えた女性(ひと)
  その方をイメージする花が
  この『サワギキョウ〜宿根ロベリア』の花だ・・・ys
 
紫の花、切れた葉。何といっても、立ち姿(花穂)がその人を連想させるに至っている。

 もう4年になるだろうか?
  ガーデンの依頼を受けてからだから
  私にとっては、クライアント(お得意様)。
だからって理由じゃない。大切な人っていうのは・・
   その人に会うと、元気をもらい、涙ぐんだり笑ったり、とにかく
  素直になれるんです。
きっと、その人自身がとても素直な方だから
その人の前にいると、ウソやゴマカシなんか出来なくて↓
   注 普段ウソやゴマカシしているわけではないので。悪しからず

  とにかく、素直になってしまう。不思議な魅力のある方なんです。
  つい最近、その方から「不思議な贈り物」?
  をもらった。
  来週の木曜日の1時間だ・・
  ちょっと、わかりづらいので、この話は来週必ずブログアップします。ys

で、話の続きなんですが。
その素敵な「紫の君」の
たった一つの悩みというのが、
     「泣けない事!」だって言うんです。
  この話を聞いた数カ月前は、二人とも笑いながらこの話題で盛り上がっていました

 

 

  でも今、その人の涙なんか見たくない!って
  心からそう思うんです。 
  だから、今日弘法大師さんに祈ってきました。

大切な人のためにできることなんて、何にも思いつかなくて。
  非力な自分に涙が出た・・・(ごめんなさい
  1分でも、1秒でもその方が笑っていられる時間が多くありますように。
  そして、その素敵な方の笑顔が家族や友人や周りの沢山の方々に伝染しますように・・・
  弘法大師さん、頼みますよッ
  ちょっとだけ、力貸してください!
私の強運を少しだけその方に回してください!(笑
   ってね。

 

 

  来年も、この紫の花が笑って見られますように・・・
  沢山の笑顔が周りにあふれますように・・・ys

 
        [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/14  [●]公開する  何もしない日・・・ 

 

  趣味を仕事にしてしまった・・・私。

  だから、花や樹や土を触ることをしない日は、
  正直、生きている実感がしない。。。(言い過ぎ?
 
 ただ、近頃あまりにも夢中になることが、
   返って「悪を生む」と言う言葉を浴び続ける回数が多くなり・・・
  今日は、お正月以来
   花や樹や土に触らない=「何もしない日」
  にしてみた・・・・ys

 

 

  そして、撮りダメていた「ROOKIES」のDVDを
      一気に観ていた・・・
  テッシュの箱を抱えて、おお泣きに泣きながら・・・
   父が、そんな私をみて。
   一言「お前は若いな」
  その言葉は、喜んでいいのかどうなのか?後でゆっくり考えてみた・・・
  青春ドラマにどっぷりとハマッテ泣いている・・
   そんな私。いや、
  「若い」は「青い」に聴こえた気がした・・
  「青い」いいじゃないか。
「夢」や「目標」がない人生なんて、つまらない。
この仕事を選んだ時のことを少し思い出している。
「無我夢中」だった・・・1日の全てがそのこと一つにつながっている・・・
そんな毎日だった。
その夢が、ほんの少しつづ実現化していくたびに、また新しい夢が生まれていた・・・
だから、どんな苦しいことにも耐えられた。(照
心の中は、いつも大雨で。だけど、顔は笑っていた。好きなことだから。
自分で決めた道だから。

一生   「夢」を見続けていきたいとそう願った。心から  

 

 

  そして、そんな「夢」の周りには、
  信じられる恩師。信じられる友。そして・・・信じられる自分。がいつもいる。
  そう、私は「熱い女」だ。この暑い中・・
   とても「熱い女」なんです・・・
  座右の銘は「情熱」これまた、熱い。

こんな暑い夏に、こんなアツクルシイことを考えてしまっている・・・
  何もしない日は、こんな風に過ぎていく・・
  自分は何もしなくても、この花たちは、確実に数センチ上に伸びている・・・ys

 
        [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/09  [●]公開する  暑いですねぇ 

 

  ここ2 〜3日 ほんと
   「暑いです」
 
  暑さに慣れている私といえども。ys
  ほんと「暑いです」・・・

 

 

  アトリエの夏・・・・
 
夏は。。。本来、あまり咲いている花がないので・・・
  アトリエは、地味ですよねえ。
  ご来店くださる皆様・・すみませんね。
 わかってくださいますか?この苦悩・・・なんてね(笑  ys

 

 

そんな中、カラーリーフたちが本領発揮といったところです。

写真は、『ヒューケラ』の寄せ植えです・・・
  ○○種類も(沢山  ある葉の種類〜
  セレクトして植えてみました・・
  
夏の暑さの中、木陰に目をやると、カラーリーフたちが、私を癒してくれます。

今、庭も寄せ植えも、「創りたい意欲」満々で・・・ 
素材と時間との戦いで、、ウズウズしています私。ys
   
  今年は、一味違う寄せ植えの下絵が山のようにできていて、、、、
   ううううううう、ははは早く  みなさんにお見せしたい。
   
 のです。(と言って、期待させてる?

けど、ほんとです。頭の中に収めきれず、私のノートに下絵までできてしまっています・・・(照れ

  うーーーーん。経営者っていうより、やっぱ
  「アーティスト」なのかな?・・(希望は
 
てなところで、少しずつですが、アトリエにも作品をおいてきますね。
 
 暑い夏、休憩にお立ちよりを・・心よりお待ちしています。ys



 
        [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/07  [●]公開する  涼の小庭 

 

  ウッドデッキの一画を切り取り・・・

 

 

  ”水”を循環させました・・・
   水の音をブログでお聞かせできないのが残念です。

 

 

  こちらは、大きな「苔玉」を水盤に生けて・・
  アシンメトリーの調和をはかっています・・
  この奥が、お風呂場なのでこちらも中から緑を愛でることができます。

 

 

   デッキの素材も、板材と竹材の組み合わせをして、
  まるで「ムシロ」を敷き詰めたように・・
向こうに見える竹垣も、
  「大津垣」と呼ばれる竹の組み方を。
  濃い色の竹でも、どこか涼しげで上品な竹垣です。
  見る角度によって、見通しが良かったり
    目隠しになったりと。
   好きな竹垣の種類なんです・・・ys
   もちろん、風通しも抜群です!

 

 

   近年?
   座布団から、椅子の生活になり
  布団からペットへ・・・
   家の90%は板張りかフローリング形式になりましたが・・・・
   なぜか、どんなに生活が洋風化しても
  無くならない「畳」の部屋。
   日本の文化ですよね・・・ys

そんな、畳の上に寝転んで水の音を聞きながら、
見ていたい・・そんな庭に仕上げてみました・・・ys
   住宅展示場なので、どなたも観に行くことができます。
 是非一度、畳の上に寝転んで見てください!ys(笑

 
[●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
      2011/08/05  [●]公開する  自然素材には勝てない・・・ 

 

  素敵なアプローチへのいざない。

近頃、よく見かけるようになった 通称「スリットフェンス」

 

 

  アルミ製品の爆発的普及。 
    大量生産の果て・・・
  
このお家では、天然の木製柱をたてこみ、スリッフェンスを。
 確かに、アルミ製品だと長持ち・・・いや半永久的な耐久年数を得られます。
  ですが、
 
この緑の木々たちと相まって眼に映る色。
   柔らかさ。
    やさしさ。
        ぬくもり。(照
  
写真では、ちゃんと感じてもらえないのが残念ですが。違うんです。

 

 

 
「自然には勝てない」ってそう実感します。
ちょっとくらい、手がかかっても、
   いいじゃないですか?
 
毎年、自分たちの手でメンテナンスをする庭。
   愛せる庭?なんてね・・・

  もちろん、私はプロだから。
   みなさんにお渡しするまでしっかり計画して、ずっとずっと手伝いながら見守ります。
 だから、みなさんも
    自分たちできることを残した庭に愛を・・・感じてみませんか?(笑  ys
  

 
        [●]Dialy  [−]Lesson  [−]Event  Diary 
 [前頁]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77  78  79  80  81  82  83  84  85  86  87  88  89  90  91  92  93  94  95  96  97  98  99  100  101  102  103  104  105  106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128  129  130  131  132  133  134  135  136  137  138  139  140  141  142  143  144  145  146  147  148  149  150  151  152  153  154  155  156  157  158  159  160  161  162  163  164  165  166  167  168  169  170  171  172  173  174  175  176  177  178  179  180  181  182  183  184  185  186  187  188  189  190  191  192  193  194  195  196  197  198  199  200  [次頁] 

  [新規登録]